メヤニを抑制する離型剤を使って作業効率を良くしましょう

SITEMAP
工場

離型剤が使われているものづくりの現場は作業効率が良い

表示パネル

プラスチック製品などを製造している作業現場では、フッ素コーティングができる離型剤を使用すると、生産効率を上げることができます。離型剤は、プラスチックやゴム、シリコンなどの製品の成形に使用しやすく、金型から綺麗に剥がすことができます。金型は、小型のものや薄型のもの、複雑な形のものもあります。デリケートなので成形の過程で壊れやすくなりますが、離型剤を使用することで金型からきれいな状態で取り外すことができます。
押し出し成型を行う時は、メヤニを防止するために離型剤を使用します。これは、押出成形に使う口金に塗布するものです。塗布部分は離型膜が密着しているので、メヤニが生じにくくなります。効果は長持ちするため、連続成型が可能です。
モノづくりの生産現場では、使い易さも離型剤選びのポイントになります。フッ素コーティングの離型剤は、スプレータイプや刷毛で塗布できるタイプなどがあり、作業中に現場で使いやすいものが求められています。離型性能が劣化してきても、簡単に再塗布できれば成形作業に影響を与えにくくなります。成形作業を中断する時間を少なくできるので、より多くのきれいな形の製品を生産できるようになります。

TOP