メヤニを抑制する離型剤を使って作業効率を良くしましょう

SITEMAP
工場

離型剤が使用されているものづくりの現場とは

ヘルメットと作業員

離型剤は、様々な用途で使用できるもので、製品にメヤニが付いたり、型から外すときに傷が付くのを防いだり、変形したりするのを防いだりします。
離型剤の種類はオイル、シリコン、ワックス、フッ素コーティング、界面活性剤系などの多彩な種類があり、使用する用途によって使い分けが可能です。
離型剤が使用されているモノづくりの現場というのを簡単に説明すると、ゴム工業や樹脂工業、食品工業やダイカストなどの現場で使用されています。ゴム工業ではホースやタイヤ製品に、食品工業では包装容器や金型などに使用されています。
離型剤は、どんな素材でも使用できて、ゴム製品やプラスチック、金属などに使用することができます。そして、型や成形品を汚すことがないので食品にも使用できますし、複雑で精密な型にも使用することが可能です。また、必要に応じて適した離型剤が使えて、再度離型剤を塗布することも可能なので、とても便利です。
そして、離型剤は、水で希釈して使うものや焼き付け型のもの、スプレー型のものなど色々な種類があるので使い勝手がとても良いです。
離型剤は色々なモノづくりの現場で使用されていますので、離型剤について興味が出てきた方は是非、離型剤について調べてみてください。

TOP