メヤニを抑制する離型剤を使って作業効率を良くしましょう

SITEMAP
工場

メヤニを抑制しゴムチューブの安全性を支える離型剤の存在

考える作業員

ゴムチューブは、医療現場や様々な工業製品の製造現場で部品として活用されているものが多いです。いずれの場合も、液体や気体を一定の圧力とスピードで運搬する役目を負い、特に医療現場で使われる場合は、雑菌の侵入による体内の汚染を防止する役割も担っています。ゴムチューブがこのように幅広くかつ重要な役割を果たすことができるのは、ゴムという素材の特長もさることながら、その形状によるところも大きいと言えるでしょう。内腔はどこを取っても同じ長さの径であり、また、ゴムチューブの壁の厚みも、どこを取っても均等であること、それが、実用に耐えるゴムチューブに求められる要件です。
こうしたゴムチューブの形を作るのに、裏方として大きな役を演じているのが離型剤です。離型剤はメヤニを抑制します。フッ素コーティング剤が原料のフッ素系離型剤は、ゴムチューブ成形の際に使う金型に、ごく薄い膜を作るだけで見事な離型効果を発揮します。これができるため、下手に力を入れると簡単にちぎれてしまう細いゴムチューブも、問題なく金型から剥がすことができます。フッ素系離型剤の場合、よりメヤニを抑制し、成形物を完璧な形状にするためにそうしたものを取り除く手間をかけなくて済みます。これがさらに、成型後のゴムチューブを使えなくしてしまうリスクを減らすと同時に、現場の作業効率向上に役立っています。メヤニを抑制することができる離型剤はこのように幅広い分野で役に立っています。

離型剤にはメヤニを抑制できて便利なスプレー型を活用しましょう

離型剤は、プラスチック製品を製造する際、製品を金型から外す際、金型からプラスチック製品をはがす際使用します。金型に離型剤を塗布すれば、メヤニを抑制し、金型からきれいに製品を剥がすことが出来ます。離型剤の種類は、いくつかの種類が有ります。フッ素系、シリコーン系、ワックス系です。中でもフッ素系の離型剤は、フッ素コーティングする事で、離型しやすくなります。それはフッ素の特性にあります。フッ素は、非常に小さな元素で構成されるため塗布した時の膜が非常に薄く、一度塗布すれば効果が長持ちする他、転写も少なく、金型が原料で汚れてしまうメヤニのような現象も抑制することができます。シリコーン系やワックス系では、型に残りやすいのでメヤニが抑制しにくいため作業効率が下がってしまい、不良品が出来やすいのです。スプレー式のフッ素系離型材なら現場で使用しやすい特長が有ります。刷毛で塗布するよりも均一で作業する人の手も汚さず、周辺の機器も汚さないので使いやすは抜群に良いです。効果が薄れてきた際ももう一度スプレーすれば良いので、手軽に再塗布出来ます。作業効率や不良品を少なくするという特長の為幅広い現場で使用されています。スプレー型の離型剤を活用しましょう。

メヤニを抑制する離型剤は引火性のないものを選ぶと安心です

ものづくりと言っても、ハンドメイド品と工業製品を作るのとでは、様々な面で違いがあります。一つの顕著な違いは、工業生産品は一度に作る数が多いことです。従って、作業現場も大きければ、そこで使う原材料や接着・色付け等に使う薬剤の量も多くなります。ものづくりに使う薬剤の中には、引火性があり火気厳禁の環境で使用しなければならないものも多いです。個人の趣味の範囲でものづくりをする分には、そうした薬剤も使用量が限られているのでさほど問題はないかもしれません。しかし、工業製品を大量に製造する現場では、より安全性を重視して、できれば引火性のない塗料や薬剤を選択する方が賢明でしょう。また、作業効率を下げないためよりメヤニを抑制することのできる離型剤を選ぶのがおすすめです。
成形作業に使う薬剤である離型剤に関しても、同様の配慮が必要です。例えば、フッ素系離型剤は、刷毛やスプレーで塗布できる便利な製品がありますが、引火性があると、現場ではかなりの緊張感を持って使わなければなりませんし、一定量以上を備蓄するなら、作業場も該当する法規に則りそれなりの体制を整備する必要があります。幸いにして、フッ素系離型剤は、不燃性溶剤にフッ素コーティング剤を溶かし込んだ引火性のないタイプの製品があります。また、フッ素系離型剤はメヤニも抑制しやすく、成型後に余計な手間をかけなくて済むという点でも、現場に優しいタイプの離型剤です。メヤニを抑制しやすいため作業効率も下がらずに済みます。是非、使ってみてはいかがでしょうか。

TOP